BLOG

martinique NAGOYA Dec.21,2017

JOSEPH CHEANEY

image1.jpeg
皆様、こんにちは。
martinique名古屋Gent'sです。
 
今回は、華やかなムード溢れるシーズンの足元を彩るに相応しいレザーシューズのご紹介です。
 
 
JOSEPH CHEANEY(ジョセフ・チーニー)
 
1886年、英国ノーザンプトン郊外のデスバラーにて設立されました。質実剛健を体現する数ある英国靴メーカーの中でもその歴史は永く、また近年に於いては全く新しい感覚とトレンドを吹き込むメーカーとして大きな注目を集めています。
 
 
いまやそのCHEANEYの定番と位置付けされている125LASTを採用したセミブローグWILFRED(ウィルフレッド)は、現代人の足型に合わせた細身のフィッティングとなっており、ヒールカウンターのホールドに優れた日本人にも最適なモデル。華やかなメダリオンをあしらったセミスクエアトゥがクラシックとモダンを融合したような印象を構築しており、このシーズンにも一層映えるデザインとなっています。
image2.jpeg
WILFRED/A1071PSH102/¥59,000+tax/BLACK
 
1886LASTを採用したラウンドノーズが特徴となる外羽根パンチドキャップトゥのASTWELL(アストウェル)は、キメの細かなカーフの質感に加え、ライニングに至る全てのカラーを統一したモードな佇まいとなっています。ゆとりのあるボールジョイントやダブルソールのボリュームはありながらも、サイドビューはスマートに仕上がっており、ドレスシーンからカジュアルシーンまでをカバーする守備範囲の広さを持っています。
image1(1).jpeg
image2(1).jpeg
ASTWELL/A1071PSH101/¥59,000+tax/BLACK,DARK BROWN
 
 
ノーザンプトンで産声を上げた英国靴は今も変わらず紳士達の足元を支え続け、時代を越えて人々を魅了しています。
手入れをしながら、これからも永い時をともに刻んでいくレザーシューズは、特別なイベントが多いこの時季だからこそ、ご自身へのご褒美に、また思い切って大切な方への贈り物としてもいいのではないでしょうか。
 
 
是非、店頭にてご覧ください。


martinique NAGOYA
052-587-2488
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique Le Conte UMEDA Dec.18,2017

KNIT

image1_1.jpeg
 
皆様、こんにちは。
martinique梅田Gent'sです。
 
今回は、martiniqueのイタリア製畦編みニットをご紹介致します。
 
表編み裏編みを交互に繰り返す事で生まれる、縦に通った畦の様なデザインが特徴の畦編みニットは、左右への伸縮性に長け、着用時のストレスを感じさせない仕上がりとなっています。ゲージ数も5Gとボリュームがあり、高い防寒性も見込める、今のシーズンに最適な1着です。
 
素朴なムードながらトレンド性の高いデザインのボトルネックと、シンプルな編み目のラインが際立つクルーネックをそれぞれオフとネイビーカラーでご用意しております。
 
image1.jpeg
bottle-neck knit/A1074KSW150/¥25,000+tax/col.OFF,NAVY
 
image2.jpeg
crew-neck knit/A1074KSW151/¥25,000+tax/col.OFF,NAVY
 
世界的なニットの産地して知られているイタリアのプーリア州の工場で生産し、イタリアのローカル糸を使用した高いクオリティーは、カジュアルスタイルをクラスアップしてくれる事でしょう。
image3.jpeg

是非、店頭でお試し下さい。


martinique Le Conte UMEDA
06-6456-2248
 
Instagram:martinique_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique MARUNOUCHI Dec.15,2017

GLOVES

image1.jpeg
 
皆様、こんにちは。
martinique丸の内Gent'sです。
 
華やいだ街の雰囲気と煌びやかな街灯が本格的な冬の訪れを感じさせるこの頃。
大切な方への贈り物はもう決められましたでしょうか。
 
今回はクリスマスギフトにお薦めグローブの新作をご紹介致します。
 
 
『DEMI(デミ)』
ナポリにて半世紀以上にわたってグローブ作りにこだわっているレザーブランド。
高級メゾンのOEMも手がけ、革の上質さやステッチなど細部にまでごだわったそのクオリティは世界的に高い評価を得ています。
今シーズンはそんなDEMIの数あるモデルの中から裏地にカシミアのライナーを使用した抜群の肌触りと保温性を兼ね備えたモデルをセレクト。
シンプルでありながらも程よいデザインが冬のスタイリングに温もりと気品溢れるムードを演出します。

image5.jpeg
image2.jpeg
right→left
DEMI/A1075PGL043/¥16,000+tax/col.BROWN,NAVY
DEMI/A1075PGL041/¥16,000+tax/col.BLACK,BROWN
 
 
また、martiniqueの定番となっているグローブはタッチスクリーンレザーを使用しており、着用したままでもスマートフォンなどを操作できる優れた実用性を備えております。
ニットとレザーの切り替えになったオンオフ問わず使用可能な汎用性の高いデザインです。
 
image3.jpeg
right→left
martinique/A1074PGL952/¥15,000+tax/HERRINGBONE
martinique/A1074PGL951/¥15,000+tax/col.BLACK
martinique/A1074PGL950/¥15,000+tax/col.WHITE,NAVY
 
この他、バリエーションも多くご用意しております。
 
是非、店頭にてご覧下さい。


martinique MARUNOUCHI 
03-5224-3708
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo 
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique NAGOYA Dec.13,2017

hum

image1.jpeg
right→left
ring/A1087PAC854/¥360,000+tax/col.GOLD
ring/A1087PAC851/¥180,000+tax/col.SILVER
ring/A1087PAC805/¥58,000+tax/col.SILVER
 
皆様、こんにちは。
martinique名古屋Gent'sです。
 
今回は、只今開催中の hum More Variation Fair から商品のご紹介です。
 
hum More Variation Fair
@ martinique NAGOYA
 
〜2017.12.25(mon)
 
メンズとしては初のラインナップとなるアクセサリーブランドhum(ハム)。
今回のイベントでは、男らしい重厚感と繊細なエレガントさという相反する様相が絶妙に折り重なり、独自のコントラストを描くアイテムの数々を多彩に取り揃えております。
 
そのラインナップの中で注目のアイテムのひとつとなるのがvintage collectionではないでしょうか。
デザイナー自らが海外にて買い付け、物によっては100年以上もの永い時間を経たアンティークコインやチェーンにオリジナルパーツを組み合わせ新たな息吹を吹きかけたリングやブレスレットは、まさに一点物としての特別なオーラを纏っています。
 
image2.jpeg
right→left
necklace/A1087PAC857/¥37,000+tax/col.SILVER
necklace/A1087PAC858/¥35,000+tax/col.SILVER
necklace/A1087PAC859/¥29,000+tax/col.SILVER
 
経年によりフェードした質感や独特な厚みを持つコイン、現代では出会う事のないであろう装飾のバランスによって組み込まれ丁寧に生み出されたチェーンは、人から人へと受け継がれ、その役目を終えた現代において、新たなカタチとしてまた人の手へと渡っていく。
そんなストーリーを感じながら身に付けられるアクセサリーは、身に付ける人の手元で、上品でいながら煌びやかな存在感をこれからも放ち続ける事でしょう。
 
image3.jpeg
 
その他、ドックタグをモチーフにhumらしい柔らかな曲線で仕上げられたリングやブレスレット、また女性の人気も高いhumete collectionもユニセックスにて展開しております。
 
image4.jpeg
image6.jpeg
 
心躍るいまの季節に、自分へのご褒美として、また大切な方への贈り物として、かけがえのない出会いを体験していただけたら幸いです。
 
是非、店頭にてご覧ください。


martinique NAGOYA
052-587-2488
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique Le Conte UMEDA Dec.08,2017

soutien-collar coat

image1.jpeg
 
皆様、こんにちは。
martinique梅田Gent'sです。
 
今回は、ジャパンメイドのプロダクトにこだわるカジュアルレーベルCALME(カルム)より、ステンカラーコートをご紹介致します。
 
ステンカラーコートとは、後ろの襟が高く、前が低く折り返す形になっているのが特徴。レインコートの一種で、トレンチコートが変化したとされています。
ステンカラーは和製英語で、ステンはフランス語のsoutien(支えると言う意味)や、後襟が立ち上がって前襟が低くなっている事からstand fall collarに由来するとも言われています。
 
CALMEで作るステンカラーコートはそのオーセンティックなディテールを踏襲しながらもゆったりと丸みを帯びたシルエットに仕上げ、緩やかなAラインを描きながらざっくりと羽織れる、所謂オーバーコートとしての特徴を今の気分にマッチするようにバランス良く編集されています。
また、袖先の裏生地に切り返しを施し、折り返してニュアンスをつけた着崩しを楽しめる仕様もカジュアルなスタイルにこそ映えるディテールです。
image2.jpeg
 
ブリティッシュムードの今シーズン注目のガンクラブチェックと、しっかりとした打ち込みで適度なハリコシと重みのあるコットンファブリックでキャメルとネイビーでの展開となります。
 

image3.jpegimage4.jpeg
image5.jpeg
soutien-collar coat/A1078FC001/¥58,000+tax/col.CAMEL,NAVY,GUN CLUB CHECK
 
様々な着こなしに対応でき、冬の寒さにも充分耐え得る秀逸な仕上がりのコートです。
 
 
是非、店頭でお試し下さい。


martinique Le Conte UMEDA
06-6456-2248
 
Instagram:martinique_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら