BLOG

martinique NAGOYA Feb.28,2018

EVENT information

1.jpg

皆様、こんにちは。
martinique名古屋Gent'sです。
 
今回は、イベントのお知らせです。
 
MACKINTOSH More variation 
Gentleman's Style
2018.3.1(thu)〜3.11(sun)

2.jpg
MACKINTOSH 2018ss collection より、ゴアテックスをも凌ぐと言われる超高機能素材eVent(イーベント)を採用したテクニカルコートをはじめ、PORTERとのコラボバッグや、当店では初の取り扱いとなるスニーカーなど、スタイリッシュなアイテム群を見応えのあるボリュームで展開致します。
 
 
VINTAGE WATCH FAIR
2018.3.2(fri)〜3.4(sun)

3.jpg
昨年ご好評いただいたVINTAGE WATCH FAIRを3日間限定にて開催致します。国内にほぼ存在しないであろう激レアなモデルをはじめとした圧巻のボリュームで展開されるヴィンテージ ロレックス、60年代から70年代の物を中心としたOMEGAやIWCなどを一堂に集めた、前回にも増して濃い内容のイベントとなります。
是非、かけがえのない出会いを探しにいらしてください。
 
また、3月2日(金)〜4日(日)の3日間と、3月23日(金)〜3月25日(日)の3日間で、ミッドランドスクエアメンバーズカードのポイントアップを行います。
 
新作が続々と入荷するタイミングです。
上記イベントと併せて、是非ご利用ください。
 
ご来店お待ちしております。


martinique NAGOYA
052-587-2488
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique Le Conte UMEDA Feb.25,2018

giab's ARCHIVIO

1.jpg

皆様、こんにちは。
martinique梅田Gent'sです。
 
今回は、イタリアントラウザーズブランドgiab's ARCHIVIO(ジャブス アルキヴィオ)をご紹介致します。
 
giab's ARCHIVIOは、母体であるGIAB'S社がイタリアフィレンツェにてトラウザーズ専業ファクトリーとして1953年に創業しました。
60年に及ぶGIAB'S社の歴史的背景や、長年培ってきたノウハウを継承し、イタリア・ミラノの人気セレクトショップBRIAN&BARRYバイヤーの中新井 淳平氏によりイタリアと日本の感性がミックスされたハイブリッドなトラウザーズコレクションを展開しています。
 
そんなgiab's ARCHIVIOから新作が入荷しました。
 
まずは、ブランドの代表的なモデルMASACCIO(マサッチョ)。
ウエストはギャザー仕上げとドローコード、フロントのクリースにステッチを入れたピンタック仕様で、リラックス感とスポーティな表情の中に、モダンで都会的なムードを持ち合わせています。
また、コットン×ポリエステル×ポリウレタンを混紡したストレッチ素材のオリジナルファブリック通称「ガム」を採用。
「ガム」と呼ばれる所以はそのストレッチ性にあり、足を入れると驚くほど伸縮し、スリムなシルエットでありながらもストレスフリーな抜群の履き心地を実現しています。
今シーズンmartiniqueでは、フロントボタンをゴールドに変更し、レングスをクロップド丈に別注したエクスクルーシブモデルをご用意しております。様々なスタイルやシーンに合わせて活躍する汎用性も魅力的なアイテムです。
 
2.jpg

3.jpg
pants/A1081FP151/¥26,000+tax/col.BEIGE,NAVY,BLACK
 
その他、ワンプリーツのデザインに美しいテーパードシルエットが人気のモデルVERDI(ヴェルディ)は、ガーメントダイ加工を施し、艶のあるサテンルックに仕上げたコットン素材のチノパンや、トロピカルウールのサラリとしたタッチが心地よいストレッチウールのスラックスをご用意。
 
4.jpg
pants(chino)/A1081FP153/¥22,000+tax/col.WHITE,NAVY,BLACK

5.jpg
pants(slacks)/A1081FP152/¥26,000+tax/col.GLEY,BLACK
 
デイリーに、ビジネスシーンにと、幅広く活躍するセレクションとなっております。
6.jpg
 
是非、店頭でご覧ください。


martinique Le Conte UMEDA
06-6456-2248
 
Instagram:martinique_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique MARUNOUCHI Feb.23,2018

TAGLIATORE

1.jpg

皆様、こんにちは。
martinique丸の内Gent'sです。
 
今回は、先週に引き続きTAGLIATOREのジャケットをご紹介致します。

2.jpg
数百種類もの生地の中から、バイヤーが型から釦に至るまで1つ1つを組み合わせてオーダーするTAGLIATOREのジャケットは取り扱うショップによって様々なバリエーションが存在します。
その中からmartiniqueでは、今季のテーマでもあるサントロペのリゾートのムードを味わえるような清涼感のあるセレクションとなっています。

3.jpg
jacket/A1081FJ106/¥110,000+tax/col.BROWN

4.jpg
jacket/A1081FJ103/¥86,000+tax/col.WHITE
 
当店で毎シーズンご好評頂いているモンテカルロジャケットをベースに、昨年から継続してトレンドのブリティッシュチェックを落とし込んだモデルや、トレンドカラーでもあるブルーやブラウンが目を惹くモデルを多く取り揃えております。
5.jpg
jacket/A1081FJ105/¥94,000+tax/col.BLUE
jacket/A1081FJ104/¥96,000+tax/col.NAVY
 
春先から夏に向けた先物を、ぜひ店頭にてご覧下さい。


martinique MARUNOUCHI 
03-5224-3708
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo 
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique NAGOYA Feb.21,2018

comoli

4.jpg

皆様、こんにちは。
martinique名古屋Gent'sです。
 
今回はcomoli(コモリ)より、2018ssタイロッケンコートをご紹介します。
 
もはやブランドの定番として定着したタイロッケンコート。シーズン毎にマテリアルやディテールをマイナーチェンジしながら展開されています。
トレンチコートの原型とされるタイロッケンコートを、comoliらしく無駄を一切削ぎ落としたストイックなまでにミニマムなデザインワークで構成し、緻密に計算された、空気の流れのような流麗なパターンメイクを存分に活かした名作です。
5.jpg

7.jpg
coat/A1087FC151/¥98,000+tax/col.NAVY
 
 
これが何十年後かに古着屋に並んでいたら…
 
そんな事をふと想像させる普遍性さえも感じさせてくれます。
8.jpg

今シーズンは、綾織りの凹凸ある織り目が正統派な印象を残すウールサージと、高密度ながら適度なハリと滑らかさを併せ持つコットンギャバジンの2タイプをご用意しました。
9.jpg
coat/A1087FC152/¥98,000+tax/col.KHAKI
 
「空気を纏う」コートです。
 
是非、店頭にてお試しください。


martinique NAGOYA
052-587-2488
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら

martinique NAGOYA Feb.19,2018

AURALEE

1.jpg

皆様、こんにちは。
martinique名古屋Gent'sです。
 
今回はAURALEE(オーラリー)より、2018ss新着アイテムをご紹介します。
2.jpg
blouson/A1087FJ171/¥42,000+tax/col.CHECK

3.jpg
淡いトーンのカラーパレットがブランド特有のパターンと高次元で調和した今シーズンのルックの中でも一際目を惹く、クラシカルなムードを纏ったチェック柄の生地で仕上げたオープンカラーシャツブルゾンと、深いプリーツが印象的なワイドパンツが店頭に届きました。
 
繊細なシルクノイルの糸を多色に染め、ションヘル織機で丹念に時間をかけて織り上げた生地は、仕上げにしっかりと洗い込んで凹凸豊かな生地の表情を存分に引き出しており、天然素材ならではのやや粗めな質感が特徴となっています。
4.jpg
pants/A1087FP172/¥34,000+tax/col.CHECK
 
5.jpg
シルクノイル独特のネップ感、また、その素材の表情からは想像できないほど快適な通気性を持ち合わせた、まさに夏に着るツイードです。
6.jpg
是非、店頭にてご覧ください。


martinique NAGOYA
052-587-2488
 
INSTAGRAM:martinique_gents_tokyo
ONLINE SHOPでのお買い物はこちら