ここからグローバルナビゲーション

Blog

ここからメインコンテンツ

リバティシリーズ(Anderson)

2015.09.23 | Lourmarin
こんにちは
 
9月をむかえ、雨降りが多かったり、不安な日々が続きました。
そのうちに木々は、薄くなった緑の葉が所在なさそうにはらはらと散り、
目黒川沿いの道端には、茶色の葉が目立つようになりました。
 
朝の空気も少しぴんとして、季節が変わってゆくところが楽しい時期です。
袖を通す洋服もそろそろと様変わりしたりして、きっと私たちはもうすぐ、秋に出会えるのですね。
 
今回は、季節を感じられるリバティシリーズのご紹介です。
 
リバティ(Anderson)
 
Anderson(アンダーソン)は、ハンス•ホルイバスンの絵画に描かれる貴族の衣装を飾る美しく繊細なブラックワーク刺繍の「ホルバイン•ステッチ」にヒントにしています。
ブラックワークは昔行われていた刺繍の一種で、通常黒の糸を使い大きな花の柄を表現。
アンダーソンはこの手法に現代的解釈を加えている。
 
image.jpg
 
Aラインワンピース。
スカートのフレア分量が多めに入っているのがポイント。
テキスタイルの柄を活かしたシンプルなシルエット。
 
color:  ブルー / グレー
price:   ¥27500  + tax
 
image.jpg
 
フロントから見た雰囲気はシンプルなデザインで、後ろ切替にタックが入っているのがポイント。
ワンピースと同じボタンが施されている。
裾にかけてボリュームのあるシルエット。
 
color: ブルー / グレー
price:  ¥18000 + tax
page top